医療脱毛による肌の負担と痛みについて

医療脱毛による肌の負担と痛みについて

むだ毛に悩んでいる方なら一度は光脱毛やレーザー脱毛をを考えたことがあるかと思います。自己処理は手入れが大変ですよね。

そこで、脱毛をする前に、光脱毛やレーザー脱毛時の万が一のトラブルによる肌の負担と痛みはどのようなものがあるのか知っておく必要があります。光脱毛やレーザー脱毛はどちらも光を当てる行為なのでパワー次第で肌への負担も変わってきますがないわけではありません。

光脱毛の場合は、脱毛時に美容エッセンスを付けるのではトラブルはないと謳っています。一方レーザー脱毛は、パワーが強力なため光を照射するたびに少し刺すような痛みを伴います。また皮膚への負担が強いため赤くなったりやけどを起こすことがあります。

さらに両方に言えることは、妊娠中や授乳中や生理中などや脱毛施術後の日焼けでお肌が敏感になっている時は、トラブルの発生率が高くなるのでその時期は外さなければなりません。ですから、脱毛を施術する医療機関や脱毛サロン任せにするのではなく、ご自身で体調を管理して、お肌のコンディションをよくすることによりある程度肌への負担は回避できます。

 

サイトマップ